世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

「猿の惑星 聖戦記 」10/13 公開を前に、物語を復習しておこう!

ノンカテゴリ

「猿の惑星 聖戦記 」10/13 公開を前に、物語を復習しておこう!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

70年「猿の惑星」は 衝撃的な映画だった!

1968年公開の「猿の惑星」は、衝撃的な映画でした。

猿の惑星に不時着したクルーが、ラストで
そこが地球の未来であったことに気付くシーンなどは
映画史上に残る演出であると言えるでしょう。

また、その後の続編が
地球が猿の惑星になってしまった顛末を
過去にさかのぼって語り始めるという展開も
斬新でした。

リアルな特殊メイクにも
物語に観客を引き込む説得力がありました。

猿の惑星   :1968年
続・猿の惑星 :1970年
新・猿の惑星 :1971年
猿の惑星・征服:1972年

そして2001年、リメイクされた
「PLANET OF THE APES 猿の惑星」は

新しいCG技術を駆使し
このシリーズの魅力をさらに進化させた展開を見せています。

2017年 10月13日公開の
「猿の惑星 聖戦記グレート・ウォー」をより理解し、楽しむために

ここで新たにリメイクされた新シリーズの
物語を振り返ってみましょう!


PLANET OF THE APES 猿の惑星

2001年 アメリカ映画

監督:ティム・バートン 
出演:マーク・ウォールバーグ(レオ・デイヴィッドソン大尉)、
   ティム・ロス(セード)、ヘレナ・ボナム・カーター(アリ)、
   マイケル・クラーク・ダンカン(アター)、ほか

PLANET OF THE APES 猿の惑星のネタバレあらすじ:1

西暦2029年。アメリカ空軍のレオ・デイヴィッドソン大尉は、深宇宙探索船オベロン号に搭乗し、土星周回軌道付近で動物実験を行うミッションに就いていました。オベロン号には、遺伝子操作によって高度な知能を得たチンパンジー・ペリグリーズが乗っており、レオはペリグリーズの知性を鍛えるべく、日夜実験と訓練を行っていました。一緒に生活をする中でレオとペリグリーズの間には、一種の絆が生まれていて、もはや親友同然です。そんなある日、オベロン号の近くの宇宙空間に奇妙な磁気嵐が出現、オベロン号上層部は安全確認手順に従い、探査ポッドの操縦を訓練されたペリグリーズを派遣することを決定。レオは自分が代わりに磁気嵐の調査に行くとオベロン号上層部に進言しましたが却下されてしまいました。しかし、ペリグリーズが乗る探査ポッドは磁気嵐に近づいた瞬間、モニターから消滅してしまいます。レオはペリグリーズを救出するため、上層部に無断で自ら探査ポッドに乗りすぐに後を追いますが、磁気嵐に近づいた瞬間、電子機器が停止してしまい、同じく磁気嵐に吸い込まれてしまいました。操作不能に陥った探査ポッドは、とある惑星に不時着してしまいます。その惑星は草木が生い茂る未知の惑星で、レオの探査ポッドは惑星の湿原に落下、そこは深い池で、水がどんどん侵入してきましたが、レオは命からがらポッドから脱出しました。森の中でレオは惑星の住民と思わしき、原始的な格好をした人間達と出会います。しかし、その人間達は「何か」に追われているようでした。一緒になって逃げるレオでしたが、その眼前に人間達を追う「何か」が現れます。



PLANET OF THE APES 猿の惑星のネタバレあらすじ:2

それは獰猛な猿でした。原始的な格好の人間達は次々と猿に捕えられていきます。レオは必死に逃げましたが、森から出たところで馬に跨り甲冑を身に付けた猿の軍団が出現します。驚くべきことに、その猿達は言葉を話していました。驚くレオでしたが、それも束の間。1匹のゴリラに蹴られ、捕えられてしまいます。捕らえられたレオは、猿達が暮らす街に連れてこられます。そこでは、猿達がまるで人間のような生活を送っていました。レオは一緒に捕えられた人間にここはどこだと聞きますが、返事はありません。人間を蔑む猿の子供らに石を投げつけられるレオ達人間。それを見ていた1匹の猿の女性・アリが制止しました。他の人間達と風貌が違うレオが気になるアリ。その後、レオは街の奴隷商人リンボーの下へ連れてこられますが、そこへアリが現れ、人間達はアホではないのだと解放します。その一瞬の隙をついてアリを人質にしたレオですが、耳元で助けてくれと小声で呟きます。それは、レオはやはり他の人間と違うと、アリを確信させる瞬間でした。アリはリンボーに、レオとさきほどの事件で逃げようとした人間の女性・デイナを買うと言い、一緒に家に連れて帰ります。アリは元・老院議員で権力者であるサンダーの娘で、立派な邸宅に住んでいます。レオはそこで給仕として仕えることになります。アリの邸宅で食事会が開かれ、今や猿の数倍の人口を持つに至った人間達の繁殖を、どうやって抑えるかの議論が行われていました。そこへ猿の軍勢を率いるセード将軍が遅れてやってきます。アリは人間を擁護する発言をしますが、セード将軍は人間のどこに魂があると言って水を運んできたレオに酷い扱いをしました。怒ったアリは席を立ちますが、権力を得たいセード将軍は後を追ってアリに言い寄りますが、考えが相反しセード将軍に気がないアリはそれを断ります。アリの邸宅を出たセード将軍は、見せたいものがあると部下達に言われ、森の中に出向きました。そこでセード将軍は、レオがこの星に不時着した時にできた焼け跡を見せられます。外部にこのことを漏らすわけにはいかないセード将軍は部下達を殺してしまいます。



PLANET OF THE APES 猿の惑星のネタバレあらすじ:3

一方、レオは再び脱出を図ります。デイナとアリの邸宅で長年働いてきた男と3人で脱出に成功したレオ。途中、デイナの家族も救出、レオは人間の高い知性と判断力を持って、皆を率いて脱出しようとします。追手が迫る中、アリはレオ達に力を貸し、子供の頃によく使ったという秘密の脱出路へ案内しますが、途中で猿の軍人・アターに見つかってしまいます。脱出の途中で傷ついたデイナの父・カルービは自らを犠牲に皆を逃がそうと、1人で猿の軍勢の前に立ち塞がりました。アターはカルービのその勇敢な行動に一瞬心を揺らがせますが、後からやってきたセード将軍にカルービは殺されてしまいました。そしてセード将軍はアターに、レオとアリ以外は全員殺すよう命じます。脱出に成功したレオ達は脱出ポッドが墜落した池に到着します。そこでポッドから武器や交信装置を取り出し、オベロン号に救出を要請します。交信装置に反応した電波はこの星から発信されており、レオは既に仲間が救出に来てくれていたのだと喜びます。装置が反応を示す場所へ向かうレオ達。一方で、セード将軍はサンダーに、自分に権限を与えるよう頼んでいました。娘を人間に誘拐されたと思いこんでいるサンダーは、軍に権力が渡ることを懸念しながらもそれを承諾します。権限を得たセード将軍は、アターを鼓舞した後、父の下に向かいました。セード将軍の父は病床についており、すでに死期が間近に迫っていましたが、人間達の技術力と知性の高さを知っており、セード将軍に、太古の昔人間は猿の主人だったと語ります。それに驚くセード将軍。続けて父は、カリマと呼ばれる猿達の聖地にレオ達人間を絶対に近づけてはならないと言い、人間達は1人残らず地獄に送りこめと言い遺し、息を引き取りました。



PLANET OF THE APES 猿の惑星のネタバレあらすじ:4

一方、交信装置の電波が反応を示した地点はカリマでしたが、レオ達はそれを知りません。途中にいた猿の軍勢もかわし、カリマに辿り着いたレオ達でしたが、何かがおかしい。遺跡のようなその場所では、たしかに交信装置が反応していましたが、半分砂の中に埋もれかけていて誰もいません。そこで壁にカリマと書かれているのを発見したレオ。砂を払い落とすと、そこには「動物研究区画  CAUTION LIVE ANIMALS」の文字が。単語の頭文字を取るとCA LI MAとなり、これこそがカリマと呼ばれる由縁なのでした。レオは最悪の状態に愕然とするも、船の航海日誌を見れば全てわかると、司令室で永久核動力を起動しモニターを見ました。レオとペリグリーズが行方不明になった後、彼らを捜索すべくオベロン号も磁気嵐に突入したものの、同じく不時着していまいます。動物実験に使っていた知性の高い猿達は、最初は人間の役に立っていましたが、オスザルのセモスがリーダーとなって人間達に反旗を翻したのでした。自分のせいで仲間達を死なせてしまったと落胆するレオでしたが、アリは自分たちを救ってくれたと励まします。セモスが反旗を翻したのはレオのおかげでもある、という意味でした。オベロンから出ると、レオの噂を聞いた人間達が次々と集まってきていました。セード将軍の軍勢は刻一刻と近づいて来ていましたが、その夜、アリはセード将軍の下に向い、セード将軍の求愛を受けると告げます。しかし、セード将軍はアリが人間達の側にいると見抜き、手に刻印を焼き付け、追い返してしまいました。オベロン号に戻ったアリは、権力は暴力に繋がるとレオに言いますが、レオはそれは防げると言います。そして、船に燃料が残っていることに気づいたレオは、ある作戦を立てました。



PLANET OF THE APES 猿の惑星の結末

セード将軍とアターが率いる猿の軍勢がオベロン号に迫り、人間達と対峙します。アターは攻撃の号令をかけ、猿達は突撃を開始しました。そこで人間達は一斉に馬を返し、オベロン号に向かいます。猿の軍勢が近づいたところで、レオはオベロン号の残った燃料に遠隔操作で点火し、エンジンを発火させます。猿の兵士達は吹き飛ばされ、弱ったところを人間達が襲いかかります。しかし、逆襲も束の間、新手の兵力を次々と投入してくる猿の軍勢に次第に劣勢になり、倒されていく人間達。レオもセード将軍に捕まり、首をへし折られそうになりました。遂にこれまでかと思ったその瞬間、空に光が輝き、探査ポッドがゆっくりと近づいてきました。ポッドの中から現れたのは、あのペリグリーズでした。ペリグリーズをセモスだと思い込んだ猿達はひれ伏します。信心深いアターは感激していましたが、父から事の始まりを聞いているセード将軍は合点がいきません。親友のペリクリーズと再開したレオはその着地を褒めました。しかし、ペリクリーズは急にオベロン号向かって走り出します。後を追うレオにセード将軍が襲いかかり、戦いが繰り広げられます。レオの危機を救わんとペリクリーズがセード将軍に飛びかかりますが、跳ね除けられ壁に打ちつけられます。隙とついたレオは、ペリクリーズが持ってきた銃でセード将軍を撃ちましたが、命中せずに逆にセードに銃を奪われてしまう。セード将軍がレオを撃とうとした瞬間、レオはドアセンサーに手を当て、セードは司令室に閉じこめられてしまった。そこへアターがやってきましたが、自分たちのルーツをレオから聞かされたアターは、セード一族に騙されていたと知り、セード将軍を助けようとはしませんでした。戦いは終焉を迎え、皆はレオがこの星に残ることを切望しますが、レオは地球に帰ることを決めます。ペリグリーズをアリに預け、デイナとキスを交わしたレオは、ペリグリーズが乗ってきたポッドに乗って再び磁気嵐に飛び込ました。磁気嵐を抜けたあと、地球に接近したレオに管制塔からの声が受信された。ポッドは壊れたものの、なんとか着陸したレオ。そこはワシントンD.Cのリンカーンメモリアルの前でした。しかし、そこにあるはずのリンカーン像の顔は、リンカーンではなく、なんとセード将軍の顔でした。「我々猿のためにこの惑星を救ったセード将軍をここに祀る」レオはやってきた猿の警官に取り囲まれ、呆然と手を挙げるのでした。

出典 http://eiga-watch.com


猿の惑星:創世記(ジェネシス)

2011年アメリカ映画。

監督:ルパート・ワイアット 
出演:ジェームズ・フランコ(ウィル・ロッドマン)
   フリーダ・ピント(キャロライン)、ジョン・リスゴー(チャールズ・ロッドマン)
   デヴィッド・オイェロウォ(ジェイコブス)、ほか

猿の惑星:創世記(ジェネシス)のネタバレあらすじ:起

製薬会社ジェネシス社に勤務する神経学者ウィル・ロッドマン。彼は、アルツハイマーに侵された父チャールズを治療するため、抗アルツハイマー新薬・ALZ112を研究開発を行っていました。ある日、臨床実験として雌のチンパンジー・ブライトアイズにALZ112を投与します。ALZ112を投与されたブライトアイズは、結果として知能が飛躍的に向上することになりました。成果が出たウィルは、ジェネシス社幹部社員達にさらなる臨床実験の許可を得ようとしますが、身籠っていた子猿を守ろうとして暴れだしたブライトアイズは、警備員に射殺されてしまいます。この事件を受け、せっかく成果を得たはずの研究は凍結となり、失意の内に自宅へ帰るウィル。研究を凍結されたウィルは拠点を自宅へ移し、更にブライトアイズの遺児を引き取ります。シーザーと名付けられたその遺児は、ブライトアイズの遺伝子を確実に受け継いでおり、大人になるにつれてブライトアイズと同様の高度な知能を示すようになります。やがて人間と変わらない複雑な感情、そしてアメリカ手話のアメスランで人間と意思の疎通を図れる程に成長しました。シーザーの劇的な成長を見たウィルは、ALZ112の活性効果が表れたと確信し、ALZ112をチャールズに投与することを試みます。新薬を投与されたチャールズは次第に回復していき、遂にはアルツハイマーの完治に成功するのでした。ウィルは、シーザーがきっかけで獣医キャロラインと知り合うことになり、次第に相思相愛となっていき幸せな時間を過ごします。



猿の惑星:創世記(ジェネシス)のネタバレあらすじ:承

5年後、チャールズの体にはALZ112の抗体ができており、忘却したはずのアルツハイマーが再発してしまいます。チャールズのアルツハイマーは日に日にに悪化していき、その結果、隣人とトラブルを起こしてしまいますが、その様子を窓から見ていたシーザーはチャールズが隣人に襲われていると勘違いし、怪我を負わせてしまいます。人間に危害を加えたことで、シーザーは霊長類保護施設に送還されることになりました。霊長類保護施設の経営者はランドン親子で、施設に収容している動物を虐待していました。シーザーは、ウィルと長く暮らしている内に人間の生活に慣れてしまい、猿本来の生活を知りません。そんな状態のシーザーは施設の猿達と馴染めず、更にはランドン親子の虐待も加わり、とりわけ人間に対して深い憎悪の念を示すようになりました。やがてシーザーは、同じ施設に収容され人間から虐待されて育ったゴリラのバック、手話を使えるサーカス出身のオランウータンのモーリスと親しくなり、人間への復讐心を滾らせるようになります。そして、収容されている猿達のボス・ロケットとの熾烈な戦いに勝利し、新たなボス猿になります。



猿の惑星:創世記(ジェネシス)のネタバレあらすじ:転

一方、ウィルはチャールズに投与したALZ112の成果をジェネシス社の社長ジェイコブスに報告、この成果によってALZ112の更なる研究開発が認められます。改良されたALZ112は、より強力な効果をもたらす新治療薬・ALZ113として生まれ変わりました。臨床実験でALZ113を投与されたボノボのコバはALZ112と同様、飛躍的に知能を向上させるのでした。実験は成功したものの、ALZ112でチャールズの再発を見ているウィルはALZ113の慎重な運用をジェイコブスに求めますが、ジェイコブスはこの忠告を無視し、度重なる臨床試験を開始しALZ113の大量生産を指示します。そんな折り、ウィルの同僚フランクリンは、実験中に誤ってALZ113を浴び倒れてしまいます。会社と折り合わず、ジェネシス社を辞職したウィルはチャールズの死を看取り、シーザーを引き取るため霊長類保護施設へ赴きますが、シーザーはすでに人間への反乱を計画しており、迎えに来たウィルを拒絶してしまいます。一方、ALZ113を浴びたフランクリンは体調が極度に悪化、新薬は危険だと忠告するためウィルの家に赴きますが、ウィルは留守でした。そして、隣人に咳を飛沫してしまいます。



猿の惑星:創世記(ジェネシス)の結末

折を見て施設から抜け出したシーザーは、ウィルの家へ向かいALZ113を盗み出します。そして、施設の仲間に投与していくのでした。ALZ113の投与によって知能が向上した猿達は、一斉に施設から脱走を図ります。さらに、ALZ113を投与されたコバを筆頭とするジェネシス社の実験用チンパンジー達や、動物園から片っ端から解放してきた猿達を仲間に加えたシーザー達は人間に反攻を開始。ジェネシス社からの追手を撃退し、更にはゴールデンゲートブリッジで警官隊と交戦し、これも撃退することに成功します。群れを率いてミュアウッズ国立公園へに到着したシーザー。ここはかつてウィルと一緒に暮らしていた頃に連れられた思い出の場所です。そこに、後を追ってきたウィルが姿を現すのでした。ウィルは「うちに帰ろう」とシーザーを説得しますが、シーザーは「シーザー、うち、ここ」と説得を拒否、群れを率いてミュアウッズの森へと消えていってしまうのでした。一方、フランクリンによって咳を飛沫された隣人は、飛行機のパイロットでした。空港へ向かう彼は、フランクリンと同様に苦しそうな咳をしています。ALZ113は猿達の知能を向上させる効果がある反面、ALZ112とは違って人体には致死性のウイルスだったのです。感染を世界中に拡大させる様子を暗に示したところで続編に続きます。



出典 http://eiga-watch.com


猿の惑星 新世紀 ライジング

2014年アメリカ映画

監督:マット・リーヴス 
出演:アンディ・サーキス、ゲイリー・オールドマン
   ジェイソン・クラーク、ケリー・ラッセル

猿の惑星 新世紀 ライジングのネタバレあらすじ1

ウイルスが蔓延し人類の90%が死滅した。前作から約10年後の2020年代、シーザーがトップとなった猿達のコミュニティは繁栄していた。ある日エイプは森の中で数名の人間と遭遇する。エイプを恐れた1人の男がエイプに向かって発砲した。その音を聞いたエイプ達は集合し人間のマルコム達を囲み襲おうとするが、シーザーは人間に「立ち去れ」と言って人間を解放する。念のためマルコムたちを追跡させると、サンフランシスコに隠れて生存していた人類を見つける。



猿の惑星 新世紀 ライジングのネタバレあらすじ2

人間たちは電力不足のためダムの修理をしようと森に来ていた。エイプに知能があること気づいたリーダーのドレイファスは他の仲間には黙っていることにしたが、そこへエイプたちが隊列を組んでやってくる。シーザーは「人間と争う気はないが必要であればいつでも戦う。森はエイプの場所。二度と近づくな。」と警告し、エイプ達と森へ帰っていく。ドレイファスは銃があれば我々が有利だと人間達に説明するも戦争しかないと考える。しかしマルコムはエイプとの共存の可能性を探り、シーザーを説得するため再びシーザーに会いに山へ向かう。



猿の惑星 新世紀 ライジングのネタバレあらすじ3

シーザーをダムへ連れていき、明かりを取り戻すために作業させてほしいと説得する。シーザーは武装解除を条件に許可する。だが過去に人間に傷つけられたエイプのコバは人間を信用せず反対していた。そしてようやくダムは修復され人類のコミュニティーには明かりが戻った。そのころサンフランシスコにいたコバは人間が武器を集めているのを見つける。コバは人間が戦争を始める気だと思いシーザーのもとへ急いで戻った。ダムの修復によってエイプと人類は共に分かり合えると思われた。シーザーはマルコム達をエイプの村に招いた。



猿の惑星 新世紀 ライジングのネタバレあらすじ4

しかしそこでコバは人間から奪った銃でシーザーを撃ち、村に火をつけたのだ。状況を理解できないエイプたちにコバは、「シーザーは人間に撃たれた!火を放ったのも人間だ!
人間はエイプを裏切った!」と言い、エイプたちに人間を攻撃するよう仕向けた。マルコム達は村から逃げだし、森で一夜を過ごすことに。エイプたちは武器庫を襲い武器を手に入れる。明りの戻ったサンフランシスコでは祝福の途中にその知らせが届き攻撃に備えることに。しかし圧倒的な戦力を持つエイプたちには敵わず、人間は捕虜になってしまった。それと同時にコバはシーザーに忠誠を誓っていたエイプたちも監禁し、エイプの中でのコバの地位を確かなものにする。



猿の惑星 新世紀 ライジングのネタバレあらすじ5

夜が明けマルコム達は森を抜け出す途中、コバからの銃撃で負傷していたシーザーを見つけた。シーザーはコバによって銃撃されたことをマルコムに伝える。マルコム達はシーザーが小さいころ育った家に向かった。治療には医療器具が必要なためマルコムは中心地へと向かう。すでに中心地はコバたちによって制圧されていたが、そこでシーザーの息子を見つけ共にシーザーのもとへ戻った。シーザーの治療は成功するもすぐには戦える状況ではない。代わりに息子が中心地へ向かい監禁されていたシーザーの仲間を助け出した。



猿の惑星 新世紀 ライジングの結末

シーザーと仲間たちはコバとの決着をつけるためビルへ向かう。マルコムはドレイファスたちと地下で合流する。その時すでにドレイファスはビルにC-4爆弾を仕掛けていたが、シーザーに時間を与えるようにマルコムが説得するもドレイファスはC-4爆弾を爆発させてしまう。爆弾によってビルは半壊。爆破の衝撃とともにコバは窮地に追い込まれた。コバは命乞いをし「エイプはエイプを殺してはいけない」とシーザーに訴えるも、コバの手を取ったシーザーは「コバは猿ではない」と言い放ち手を離した。コバとの戦いを制したシーザーだったが。マルコムは人類軍が大量に近づいてきているためシーザーに逃げるように言う。だがシーザーはすでに戦争は始まり回避できなくなったと考え、逆にマルコムにこの場から逃げるように言う。本当の闘いは今始まった。

出典 http://eiga-watch.com





誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!